トップ >> 葬儀を行う遺族の心構え

葬儀と火葬についての情報

残された家族のための葬儀

葬儀というと、その故人のためにはあると思われがちですが、それは同時に残された家族のためでもあります。人が亡くなると言うことは、とても大きな悲しみになります。もう、会うことができなくなり、話しをすることも叶いません。そうした気持ちに、区切りを付けることで故人との最後のお別れをします。最後だから、できることは何でもしておきたいと考えるのが葬儀です。故人の冥福を祈りながら、自分達の気持ちもここで整理していきます。後悔をしないように、納得できるお別れをすることでまた、明日からの人生を生きていくことができます。

霊園の維持費について

霊園には民間のものと公営のものとがありますが、どちらの場合も基本的な費用は年間管理料のみとなっています。民間の場合は5,000円~15,000円程度が多く、市区町村が運営している公営の場合は3,000円~10,000円位が相場となっており比較的安く設定されている場合が多いようです。ただし霊園に埋葬される時や法要・法事の際には別途に管理事務所や市などに料金を支払う必要があり、更に永代供養をしてもらう場合には料金が多少高く設定されている場合もあります。