トップ >> 葬儀でのマナーを知ろう

葬儀と火葬についての情報

エンディングノートで希望の葬儀

個性が重視される近年では、葬儀にも、ご本人の希望をできる限り叶えて行いたい、という考えが広まってきています。希望通りに行うために、エンディングノートというものを、あらかじめ記載をして、ご家族などに託しておくと良いでしょう。エンディングノートには、家族のみで行いたい、ですとか、好きな花を飾ってほしい、といった、葬儀に関する希望を書くことができます。また、万一の際には、お知らせをしたい、友人や知人などのリストを併せて記載しておく、というのがお勧めです。

様々なスタイルの葬儀

葬儀は死者を葬るための儀式でもあり、故人を見送るための式でもあります。家族や親せきに加え、友人など故人と親しかった人や遺族の周辺の人もあいさつやお別れに訪れます。地域や宗教や宗派ごとの慣わしに沿って行うこともありますが、現代では様々スタイルの葬儀が存在します。通夜式を行わないタイプや直葬などもあります。また、身寄りがない人や子供隊に墓の面倒を頼まなくてもいいことを理由に永代供養をすることもできます。いずれも安らかな眠りを祈るものでもあり、合理的な方法を望むこともできます。